栄養療法


人間の身体はすべて食べ物=栄養素という
材料によって構成されています。

ところが現代では栄養の過剰摂取が問題視されることはあっても、栄養素の不足による弊害についてはあまり着目されていません。しかしながら、栄養素の不足が様々な身体の不調や疾病の原因となっており、不足している栄養素を本来あるべき至適量まで補充することによって、自らの自然治癒力を高め、病気の進行を防ぎ、症状の改善、さらには病気の予防を目的とする医学を『分子整合栄養医学』と呼びます。

これらの疾患に対し、血液データに基づいて体内に不足している栄養素を分析し、食事などの改善により、栄養素のバランスをとっていく治療を栄養療法といいます。

当院では、薬物療法やその他の治療法とともに栄養療法を同時に行っていくことにより、最小の薬で最大の効果を引き出す治療をめざしています。

当クリニックで実践している【栄養療法】とは

卵子は生まれた時から卵巣の中に眠っています。時期が来るとホルモンに誘われて成熟し排卵します。卵子の老化を防ぎタイミングよく育てるためには適切なホルモンバランスと栄養が不可欠です。
ライナス・ポーリング博士によって提唱された『オーソモレキュラー医学』に基づいた治療法の1つです。
わたしたち人間のからだは基本的にすべて食べ物=栄養素という材料から構成されており、どの栄養素が欠けてもからだは失調状態に陥ります。
不足している栄養素を本来のあるべき量=至適量まで補充することにより、自らの自然治癒力を高め、病気の進行を防ぎ、症状の改善を図り、さらには病気の予防を可能にする、これが『オーソモレキュラー医学』の考え方です。
『オーソモレキュラー医学』には【栄養療法】のほかにも【糖質制限】や【バイオロジカルセラピー(人体に有害な異物を除去し、本来の身体機能を取り戻す治療法)】といった考え方も含まれます。

【栄養療法】では、不足している栄養素を様々な検査から得られた解析データに基づいて診断し、メディカルサプリメントを用い個人の至適量まで補充すること、普段の食事を専門家と一緒に見直してバランスを整えることをベースに健康を目指していきます。
近年では研究も進み、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病から自律神経失調症、心身症、うつ病、パニック障害など他多数の疾患が栄養素の過不足によって生じていることが分かってきました。
メンタルバランスについても同様に、精神機能を司っている脳に十分な栄養を与えることで脳を健康にする=心に健族をもたらすことができると考えられております。

糖質制限とは

心とからだのトータルケアには正しい食事が欠かせません。
当クリニックの栄養指導は糖質制限を中心とし、三大栄養素、ビタミンミネラル、食物繊維などのバランスの調整をを行い、その方の病態や栄養状態、体質に合わせすぐにでも実行可能なメニューや食材選びをご提案いたします。
糖質制限は、糖質(炭水化物、砂糖など)の摂取割合を抑え、血糖やインスリン分泌をコントロールする食事療法です。
自己流の糖質制限食で陥りがちな、カロリー不足や脂質バランスの悪化、腸内環境の乱れなどの問題を修正することにより、より安全・快適に治療効果を上げ継続できるようお手伝いいたします。

栄養療法 受診の流れ

来院前 1.ご予約 お電話にてご予約を受付けます。
お困りの症状についてお伺いいたします。
スタッフより検査や料金の説明をいたします。
TEL:03-5436-7351(受付時間 10:00〜18:00)
2.診察日までに 所要時間は1~2時間程度を見込んでご予定をお立てください。
初診時にお持ちいただくもの
■ 保険証、各種医療証(または身分証明書)
■ お薬手帳、服用中のサプリメントがわかるもの
初診の費用は、診察料・検査料含め50,000〜70,000円ほどですが、
ご相談内容により金額は変動します。
来院当日 3.診察前に 受付でご予約の確認後、必要書類にご記入いただきます。
血圧測定などの簡単な検査をします。
4.診察 診察をします。栄養療法について専門知識を持つ医師が詳しくお話しを伺い必要性の高い検査や治療方法をご提案させていただきます。
5.検査 患者さまのご意向と治療計画に沿った検査を行います。
栄養療法では血液検査、尿検査をさせていただくのが一般的ですが、
他検査がある場合には当日詳しくご説明いたします。
6.結果説明日ご予約 医師と相談の上、結果説明日のご予約をいたします。
検査内容によって結果が届くまでの期間は異なりますので
当日ご案内いたします。
来院後 7.結果説明 医師から検査結果や治療方針の説明、栄養素補充が必要な場合にはサプリメントの処方がございます。
予約日によっては、専門的知識を持つ栄養士による栄養指導を
受けられることもあります。
検査結果はファイリングした1冊の小冊子を作成してお返しいたします。振り返りにお役立てください。
8.日常生活へ 食事の見直しや栄養素の補充をしながら生活スタイルを見直します。
不安や疑問点がある場合には、医師への電話再診や、自由診療の栄養指導だけ受けることも可能です。 治療が継続できるようフォローいたします。
9.再検査 患者さまにより異なりますが、約3ヶ月後に評価のための検査をいたします。
これまで行ってきた栄養療法でどれくらいの改善があったか、今後必要な栄養素は何か、初回と比較しながら治療プランを再計画します。

生まれ持った体質や生育環境はひとりひとり異なりますので、栄養療法はそのひとりひとりに合わせた個別的な工夫が必要です。
栄養療法を開始してすぐに改善するとは限りません。良くなる途中で好転反応が出ることもあります。
これまで元気になれなかった自分のからだや心の根本的な原因は何かを知り、分子レベルからじっくり向き合えた分、より高い健康を目指していくことができるでしょう。
私たちも一緒に寄り添い、皆様の健康管理のお手伝いさせていただけたら幸いです。

ご予約・お問い合わせはお電話で
他院通院中の方は、できる限り、現在の処方内容や常用薬の記載のあるものをお持ちください。
  • 心療内科
  • 内科
  • 繊維筋肉痛症
  • 検査
  • 機能性低血糖症
  • 副腎疲労症候群
  • SIBO・腸カンジダ
  • 男性更年期外来
  • 卵子栄養療外来
  • スポーツ内科
  • 発達障害
  • 栄養療法
  • 点滴療法
  • 家族相談
  • セカンドオピニオン
  • 健康経営サポート
  • 院長メッセージ
  • スタッフ紹介
  • 栄養士紹介
  • Dr西澤の栄養療法コラム
  • よくある質問
  • 料金表
  • 初めて受診される方
  • 診療スケジュール
  • 休診のお知らせ
  • アクセス
  • Instagram
  • 治験のお知らせ
  • NEWS
  • ひめのともみクリニック for office
  • リンク
  • プライバシーポリシー