卵子栄養療法

不妊治療をしているのになかなか妊娠出来ない方、これから妊娠を希望される方、人生を大切にしたいすべての女性の方へ

健やかな妊娠・出産には、適切なホルモンバランスや質のいい卵子、そして妊娠に耐える健康な体作りが大切です。当院では分子整合栄養医学を元に、根本的な体の問題を見つけ出し健やかな妊娠に導く体づくりを手助けいたします。また女性ならでは体の悩みについて相談したい方もぜひご来院ください。(当院では排卵誘発剤や人工授精などによる不妊治療は実施しておりません。詳しくは受付スタッフにお尋ねください)

卵子栄養療法の目的

女性にとって妊娠したいのに妊娠できないのは切実でつらい問題です。不妊治療が体や心に大きな負担をかけ体調を崩してしまう方も少なくありません。当院では栄養に関する正しい知識を持っていただき自分の体の状態を詳しく知ることによって、ホルモンバランスを整えたり、質のいい卵子を育てたり着床・妊娠・出産を通して母体も赤ちゃんも健康で過ごすための体づくりのお手伝いをしたいと考えています。


妊娠に必要な栄養

卵子は生まれた時から卵巣の中に眠っています。時期が来るとホルモンに誘われて成熟し排卵します。卵子の老化を防ぎタイミングよく育てるためには適切なホルモンバランスと栄養が不可欠です。

卵子が受精すると勢いよく細胞分裂を開始します。葉酸が不足すると胎児の神経や背骨に異常が生じる可能性があることはよく知られていますが、それ以外にもたんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群、亜鉛、鉄など多彩な栄養が必要です。特に胎盤をきちんと形成するために必要な鉄分は着床成功のために欠かせない栄養素と言えるでしょう。

分子整合栄養医学では栄養の状態を細胞レベルで解析し適切なアドバイスをいたします。


女性の生涯健康は20代から40代に作られる

栄養療法を実施しても残念ながら100%妊娠が成功するとは限りません。しかしこの時期に適切な栄養を摂取したかどうかはその後の人生に大きく関わってきます。知識があるとないとでは若さや健康の維持に大きく差がつくのです。生き生きとした人生を送れるかどうかの活動指標も大きく変わってきます。病気になる前に正しい知識を得て体づくりをすることは決して無駄にはなりません。


妊娠中も安心して服用できるサプリメント

当院で使用しているサプリメントは原材料製造過程がすべて明らかになっています。食品成分を中心としたサプリメントで妊娠・授乳中も安心して服用できます。妊娠が成功した後も、赤ちゃんが健やかに成長しトラブルなく出産を終えるようサポートいたします。授乳中にお母さんの栄養が足りていると母乳の栄養バランスもよくなり赤ちゃんの夜泣き皮膚炎などのトラブルが防げると好評です。


卵子栄養療法は自費診療になります。







※サプリメント代が別途かかります。

詳しくはクリニックスタッフまでお問い合わせください。

初診時のお願い

【初診問診票について】
当院では、初診の方の状態をより把握するため、初診時の問診票がございます。
事前に下記PDFファイルで問診票をダウンロードしてください。パソコンをお持ちでない方には、当院より郵送にてお送りいたします。ご本人様に初診日での事前でのご記入をお願いいたします。
卵子栄養療法 初診問診票

また、電話での初診問い合わせ、ご予約に関しては 10:00~18:00 に対応しております。
問診票の郵送でのご希望も電話予約時にご相談ください。
ご予約・お問い合わせはお電話で
他院通院中の方は、できる限り、現在の処方内容や常用薬の記載のあるものをお持ちください。
  • 心療内科
  • 内科・呼吸器科
  • 家族相談・外来
  • 健康未来/予測ドック
  • 共生ケア/外来
  • 禁煙外来
  • 男性更年期外来
  • 糖尿病メタボ外来
  • スポーツ栄養外来
  • 繊維筋肉痛症
  • 副腎疲労症候群
  • 卵子栄養療法
  • 栄養療法・指導
  • 糖質制限
  • 点滴療法
  • 機能性低血糖症
  • 院長メッセージ
  • 医師紹介
  • スタッフBLOG
  • Dr西澤の栄養療法コラム
  • 初めて受診される方
  • 診療スケジュール
  • 休診のお知らせ
  • アクセス
  • 治験のお知らせ
  • NEWS
  • ひめのともみクリニック for office
  • リンク
  • プライバシーポリシー